fc2ブログ
07.14
Mon
人の本棚ってつい眺めてしまいます。
自分の本棚って、見られるとなんだか恥ずかしい。。

20131013.jpg  ←うちの本棚の上半分

「本棚」をテーマに、おしゃべりしたり、なんならワークショップもできそう。
自分の家の本棚を写真に取ってきて、こだわりとか並べ方とかを話したり、
みんなで本棚をつくったり。写真から、誰の本棚かをみんなで推理したり。

いちばん笑える本とか、いちばん昔に買った本、いちばんらしくない本。
そういえば最近、誰かの家に遊びに行ったりしてないなあ。
「だれかの本棚」って企画、おもしろそう。

comment 2 trackback 0
07.13
Sun
3年前ですが、「ちいさな哲学者たち」という映画を見ました。
フランスの幼稚園での「てつがくの授業」を追いかけたドキュメンタリー。

ちいさな哲学者たち [DVD]ちいさな哲学者たち [DVD]
(2012/02/24)
ジャック・プレヴェール幼稚園の園児たち、先生たち

商品詳細を見る


まず、映像がきれい。
その時のメモを読み返すと、こんなシーンのことを書き残していました。

「かしこいって?」というテーマで場がもたれた時、ある女の子が急に、
「○○はいつも気取っているの。赤いコートなんて着て。」
と話し始めました。テーマと関係がないし、特定の子を非難しているようにも受け取れる話しぶり。
先生は、しばらく話を聞いていて、こう尋ねました。
「そうなのね。今の話は、“かしこい”ってことと、どんなふうに関係するかしら」
すると、女の子は
「お兄ちゃんが、気取っているやつはバカだって。」
女の子の中では、「かしこい」ということと「バカだ」ということが結びついていて、話が始まったようなのです。
そこから、「かしこいって?」ということについての対話が始まっていきます。

もちろん、先の話のように、どの子からも自分にあった出来事や、自分にとっての話ばかりが話されます。その無秩序な散らばりが、先生の質問やコメントによって、秩序のある散らばりに変わっていっているような印象を受けました。


その後、少し調べてみると、「P4C;Philosophy for Children」として、子どものための哲学というカリキュラムがあるそう。体験教育とも相性がいいはず、と学んでみたいなあと思っています。
なかなか機会が合わず、まだ直接学べてはいないのですが、今月の26日、27日に、哲学対話の方法論を学ぶワークショップに参加してきます。これまでも、日程が合わなかったワークショップなので、とても楽しみです。
(カフェフィロ:http://www.cafephilo.jp/)

comment 0 trackback 0
07.12
Sat
昼には昼を語るための文体があり、

夜には夜を語るための文体がある。

昼のことばで夜は描けないし、

夜のことばは昼を描きたくもないはずだ。

さて、その境界線にわたしはいる。

おやすみなさい。

(糸井重里『ボールのようなことば。』より)


comment 0 trackback 0
07.10
Thu
一昨年の本になるのですが、印象深かったこの本。

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)
(2012/12/17)
平田オリザ

商品詳細を見る


「ランダムをプログラミングする」という章があります。
ぼくはプログラムを組み立てるときに、「非構成の気づきをどう構成するか?」ということを考えます。
これって、体験教育のとっても大切な論点。難しいんです。
構成しすぎて通り一遍の体験にしかならないこともあるし、構成しなさすぎて「これでよかったのか」と不安になることも。

できるだけ「変化のある繰り返し」を準備して、誤差のように学びや気づきが生まれるのを待とう。
そう思いながら、どんなふうに「変化のある繰り返し」を組み立てるか、
いたるところで生まれる「誤差」に気づけるか、
その経験知を、言葉にできるか。

先は長いのです。。

comment 0 trackback 0
07.08
Tue
少し前になりますが、名古屋大学の中谷先生の勉強会に参加してきました。
テーマは「ピアラーニング-学び合いの教育心理学の理論と実践」。

ピアラーニングを構成する諸理論として、
①学習のリソースとしてのピア;学業的援助要請
②比べ合う相手としてのピア;社会的比較
③教え合う仲間としてのピア;相互教授法

から始まり、
・ピアラーニングと動機づけ
・自己調整学習の視点からみたピア・ラーニング
・ピアラーニングにおける教師の役割

などの話を聞かせていただきました。
話を聞きながら、

ピアラーニングの中でこそ起こる学びって、どんな学びか?
「ほんとにそうか?」という探究。わからないもの同士が答えをみつけようとするなかで、また新しい問いまでもみつけられること、ではないか。

そんなことを考えました。せっかく、グループと一人ひとりの作用について関われる場にいるのだから、臨床的にピア(グループ)で学ぶということの価値や効果を探していこうと思います。


ピア・ラーニング: 学びあいの心理学ピア・ラーニング: 学びあいの心理学
(2013/08/26)
不明

商品詳細を見る

comment 0 trackback 0
back-to-top